福祉の資格には様々なものがあります

高齢社会が社会的な課題になり、また発達障害を含む障害児・者の社会参加等が社会的な関心になっています。
また、東日本大震災以降、他人に役に立つ仕事を求める若者も多くなっています。
経済は上向きですが、まだまだ正社員への登用は厳しさが残っており、比較的正社員になりやすいこの分野の資格は、上記の社会情勢も含めて、注目を浴びています。
この分野の資格の代表的なものは、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士があります。
また、保育士もこの領域ではよく知られている資格です。
その他、介護職員初任者研修やケアマネージャー、ガイドヘルパー等、公的なものから民間のものまで、多くあります。
作業療法士や言語聴覚士等も、この分野と関係が深い資格として知られています。

確かな技術と最新の医療設備

小児障がい児のための新しい医療

川崎の矯正歯科で歯並びを綺麗に。

福祉 資格関連

福祉は高齢化社会である昨今にはなくてはならないカテゴリーであり、またそれらの仕事に就業する為に専門的

Copyright© 福祉 資格 All Rights Reserved.